丸暗記で使える!ビジネスシーンで役に立つ定番ビジネス英会話フレーズ10選

近年、グローバル化によって外資系企業だけでなく国内の企業においても海外とのやり取りが増えてきています。

SPONSORED LINK

定番フレーズを丸暗記して実践で使おう

メールでのやり取りだけなら、翻訳ツールや例文などを参考にしながらこなせますが、対面や電話上でのリアルタイムなやり取りになってくると、都度スマホを使って翻訳するわけにもいかないので、やはり最低限の英語力は求められてきます。

流暢に相手とコミュニケーションをとったり、専門用語を駆使して商談を進めるには長期間の学習が必要になってきますが、短期間でも英語を話す術はあったりします。

それは、「フレーズ丸暗記」です。

今回は、どんなシーンにも対応できて、丸暗記でそのまま使える定番ビジネス英会話フレーズをご紹介します。
挨拶や自己紹介、意見交換の際に少しでも英語で話せるだけで、相手に与える印象も変わり、話が良い方向に向く場合もありますので、ぜひ参考にしてください。

ビジネスパーソン必見!ITビジネス頻出英単語・英会話フレーズまとめ

2017.11.21

挨拶編

例文1
Hello. My name is 〇〇. It’s a pleasure to meet you.
こんにちは、〇〇と申します。お会いできてうれしいです。
仕事先で初対面の場合には、まずこのフレーズが使えます。
もちろん、「Nice to meet you.」でも全く問題ありませんが、上記フレーズの方がより丁寧な表現になります。

例文2
Good to see you again, Mr/Mrs.〇〇.
また会えてうれしいです、〇〇さん
こちらは、面識がある方と再会したときに使えるフレーズです。もっとかしこまった言い方もありますが、顔見知りであればこのくらいカジュアルでも問題ありません。

例文3
How are things going with you lately?
最近いかがですか?
例文2に続けて使うことができるフレーズです。「Lately」は最近という意味になり、近況を伺う際に便利な一言です。

例文4
I’ve been busy lately.
最近は忙しいです
例文3を聞かれたときの返事として使えるフレーズです。この他にも「busy as usual.」や、「same as usual.)」なども返答として使えます。口語のため、主語である「I」や「It」などは除いてしまっても問題ありません。

ミーティング編

例文5
How is the project coming along?
進捗はいかがですか?
会議などでプロジェクトの進捗を伺う際に使えるフレーズです。この他にも「How’s the project going?」も同様の意味合いで使えるフレーズになります。

例文6
I agree with your opinion.
あなたの意見に賛成です。
agree」は同意する、「opinion」は意見を指す言葉になり、シンプルですが頻繁に使うフレーズになります。この他にも「I think that’s a good idea.」や「That sounds good.」なども同じ意味合いを持つフレーズとして使えます。

例文7
I disagree with you.
あなたの意見に反対です。
「agree」の反対語として「disagree」は反対という意味を持つ単語になります。単刀直入で明確なニュアンスですが、もう少し丁寧な言い方だと「I’m afraid I can’t agree with you.」というフレーズが好ましい場合もあります。「I’m afraid~」は、申し訳ありませんが、残念ながら、恐れ入りますが、の意味合いが含まれているのでケースバイケースで使い分けられると良いでしょう。

例文8
Do you have any suggestions?
良い提案はありますか?
相手に提案を求める場合に使えるフレーズです。「Do you have any ideas?」も同じような意味合いで使えます。「May I ask your opinion?」も相手の意見を伺う際に使えるフレーズです。

例文9
Could you say that again?
もう一度言っていただけますか?
会議中に相手の言っていることが上手く聞き取れなかった場合に使えるフレーズです。「Could you~」を使うことで丁寧なニュアンスになります。他にも「Sorry, I didn’t catch that.」や「Sorry?」「Excuse me?」なども頻繁に使うフレーズになります。
相手の言っている意味がよく理解できない場合は、「Sorry, I don’t understand.」と言うことも大切です。この時、手前にSorryを付けないと強いニュアンスに受け取られてしまうので、注意してください。また、「Could you speak more slowly?」とゆっくり話してもらうようにお願いするフレーズも覚えておくと便利です。

例文10
Is there anything else we should talk about?
他に話しておくべきことなどございますか?
会議の締めなどに使えるフレーズです。また、会議の最後には、「Thank you for your time.」など時間を割いてもらったことを感謝する言葉を添えてあげられると印象が良くなります。

まとめ

いかがでしたか?
丸暗記で使えるビジネス英会話フレーズということで10個ほど紹介してみました。
もちろん、このフレーズだけ覚えておけば何とかなるというものではありませんが、会話を切り出すきっかけとなるフレーズ会議での頻出フレーズをいくつか丸暗記しておくといざというときに役立ちます。

単語だけで覚えるよりも、フレーズとして覚えておく方がより実用性で英語会議の即戦力になりますので、ぜひご自身でも使えそうなフレーズを貯蓄していってください。

英会話実践の場として英会話カフェスタイルレッスンをご活用ください!

英会話教室Connectでは、学習した英会話を試せる場所として大人向けの英会話カフェスタイルレッスンを実施しています。
学んだ英語を話してみたい方、これから英会話を習得しなくてはいけない社会人や小学校講師の方など、誰でも気軽にリーズナブルな料金で英会話を楽しく上達できます。

SPONSORED LINK

無料体験レッスン予約受付中!

はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。 追ってメールにてご連絡いたします。

Facebook、Twitterのフォローをお願いいたします!