英会話講師が徹底解説!英語学習アプリ「スタディサプリEnglish」の効果的な使い方

最近、教室に通ってくれている生徒さんたちが自宅でも効率良く英語学習できる方法はないかと模索していました。
約1ヶ月ほど、書籍やポッドキャスト、教材系など色々な方法を探ってみた結果、このアプリに辿り着きました。

▼スタディサプリEnglish公式サイト▼
ワンダフルキャンペーン

今回は、英会話がなかなか上達しない方に、この「スタディサプリEnglish」の基本的な使い方から効果的な学習方法などをご紹介すると共に、なぜスタディサプリEnglishが他のサービスよりもオススメなのかを、講師の僕が実際にアプリを使ってみて感じた点を踏まえながら解説していきたいと思います。

SPONSORED LINK

スタディサプリEnglishとは?

studysapuri
画像引用元:スタディサプリEnglish

スタディサプリEnglishは、リクルートが運営する学習アプリになります。他にも小学生~大学生を対象にした「スタディサプリ(旧:受験サプリ)」というものがあり、今や学校や塾などでも活用されるほど高い定評を得ている優れたアプリになっています。

スタディサプリEnglishは、その名のとおり、英語に特化した学習アプリになりますが、特に「リスニング」と「スピーキング」の強化が期待できるアプリとなっています。

スタディサプリEnglishの特徴と効果

スタディサプリEnglishの主な特徴

対象中学生~社会人
対応デバイスPC/スマートフォン(Android、iOS対応)
用意するものPCで利用する場合、スピーキング学習用のマイクが必要
料金無料可(制限つき)/有料版で全サービス利用可(月額980円)

前途のとおり、スタディサプリEnglishは日本人が苦手とする「リスニング」と「スピーキング」を徹底的に伸ばすための教材がふんだんに盛り込まれています。

このアプリの魅力は、物語に沿ってレッスンを進めていったり、発音を矯正してくれるスピーキングレッスンがあったりと、飽きずに続けられる高いエンタメ性にあります。

本当に勉強している意識をあまり感じることなく遊び感覚で学習できるので「勉強は苦手…」という方や、「どの教材も続いた試しがない…」という方も、このアプリだったら結構続けちゃうんじゃないかなと思えるほど楽しいアプリです。

また、このアプリは無料でも使うことができますが、週2回までの制限付きとなります。
自宅での1人学習の場合、週2ペースくらいだと習慣化されずに途中で学習を止めてしまうケースがよく見られます。
一定期間内に、ある程度の成果を実感したいのであれば迷わず有料会員になることをおすすめします。

補足
登録後、1週間は無料で全機能が利用できるので、まずは無料体験でレッスンを受けてみると良いと思います。

スタディサプリEnglishで期待できる効果

基本メニューであるデイリーレッスンの基本構成は、聞く→内容理解クイズ→聞いた内容を書く→話すとなっていて、レッスンごとにこのトレーニングを行う流れになります。
聞き流し系の教材と違って完全参加型なので、インプット⇔アウトプットの流れを繰り返していくうちに習ったものが身体に染みついていく実感が得られます。

個人差があるので一概には言えませんが、1日30分程度のアプリ学習を3ヶ月~半年継続できれば、それだけでも相当英会話力はアップすると思われます。
具体的には、このくらいは目に見えて実感できるはずです。

スタディサプリEnglishを3ヶ月~半年続けると…
・海外ドラマや映画を字幕で観た時に部分的に聞き取れるようになる。
・今まで聞き取れなかった英語ならではの「音声変化」が少し聞き分けられるようになる。
・スピーキングへの苦手意識が薄れて、話すことが楽しくなり始める。

もちろん、機械的にやっているだけでは効果はでません。1レッスン1レッスン集中して体に覚えさせていくことで初めて効果を実感できるはずです。

スタディサプリEnglishのメリット

スタディサプリEnglishは、他の教材にはない「聞くと話す」を重点的に鍛えられるアプリという点だけでも大きなメリットです。

また、料金面でも考えられないくらいリーズナブルです。前途のとおり、有料会員にならないと全サービスが使えないのですが、月額980円で膨大な量のレッスンを受けられるのは正直かなり安価だと思っています。

参考書を買うにしても1冊1,000円以上しますし、英語初心者の場合、どういった参考書を買って良いのか分からず、レベルに合っていないものを何冊も手に取っていくうちに参考書代だけで1万円越え、なんて話もよく聞きます。

本を何冊も買ったり持ち歩いたりする手間を考えると、スタディサプリEnglishはスマホ(もしくはPC)があればいつでもどこでも学習できる点もメリットの一つですね。

英会話教室の講師が言うのもあれですが、英会話教室は実際に足を運ばないといけなかったり、レッスン時間に合わせて時間を作らなくてはいけないですが、スタディサプリEnglishではネットが繋がる環境さえあれば自分のタイミングで学習できるので、費用対効果に優れたアプリといえます。

スタディサプリEnglishのデメリット

「リスニングとスピーキング」が鍛えられるアプリですが、基本的には1人学習用のアプリなので、リアルな人と英語で「会話」したい方にとっては物足りないかもしれません。

スタディサプリEnglishでは、ネイティブスピーカーによる英語音声を聞いてリスニング力を高めたり、高性能な音声認識機能を使って発音やリズム、イントネーションといったスピーキング力を鍛えることに特化したアプリになります。

より実践的な会話力を伸ばしたい場合は、アプリ学習に加えて英会話教室に通ってみたり、オンライン英会話を始めてみたりするとアウトプットの量が増えて効率的に英会話力がアップします。

当教室で英会話を実践しよう!
英会話教室Connectでは学習した英会話を実践する場として、英会話カフェスタイルレッスンを行っております。
栃木県那須塩原市周辺にお住まいの方で、英会話をやってみたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。

どんな人に向いている?

スタディサプリEnglishをおすすめしたい人

  • 聞く・話す時間をもっと作りたい
  • 自分のタイミングで学習したい
  • まずは1人でスピーキング練習して自信をつけたい
  • キレイな発音を身につけたい
  • ディクテーションをやりたい
  • 学習意欲はあるけど教室に通う時間が作れない
  • このような方は、スタディサプリEnglishを使うことで英語力の上達が見込めます。
    特に英語初心者のうちは、いきなり実践の英会話となるとハードルが高く構えてしまうこともあるので、アプリを活用することで1人学習しながらも効果的に「聞くと話す」を鍛えられる環境を手に入れることができます。

    スタディサプリEnglishのコンテンツ

    スタディサプリENGLISHは、大きく分けて「デイリーレッスン」と「オートリスニング」「リスニングPLUS」の3つのコンテンツがあります。

    そして、それぞれのコンテンツ内に更に細かくトレーニング内容が分類されています。

    デイリーレッスン・内容理解クイズ
    ・ボキャブラリークイズ
    ・ディクテーション
    ・会話文チェック
    ・なりきりスピーキング
    オートリスニング・デイリーレッスンの会話文を再生
    リスニングPLUS・クイックワードクイズ
    ・音声変化ディクテーション

    デイリーレッスン

    スタディサプリEnglishでは、このデイリーレッスンが基本コンテンツとなりメインの学習メニューになります。

    デイリーレッスンでは、キャラクターが登場し物語が進んでいきます。
    日常会話からビジネスシーンまで様々なシチュエーションの英会話を学習できます。

    レベルは1~7まであり、各レベルごとに240レッスン用意されています。膨大な量ですが、1レッスンあたり5分程度あれば終わります。

    初めは簡単な挨拶フレーズなどが出てくるので初心者でも比較的こなせますが、上のレベルに行くとビジネスシーンで使うような表現がたくさん出てくるので相当難易度が上がります。

    まずはレベルチェック
    始めに自分がどのレベルなのかをチェックするためにレベルチェックを行いましょう。
    簡単なリスニングクイズのあとに適正レベルを判定してくれます。

    内容理解クイズ

    物語を音声で聞いて、その内容を理解できているかチェックするための学習です。
    リスニング力が鍛えられます。

    会話速度を変更できる
    会話の速度を「速い」「普通」の2段階に変更できます。「速い」はネイティブ同士が普通に会話するスピード、「普通」は標準レベルの学習者に合わせたスピードとなっているので、慣れない内は「普通」に設定しながら徐々に英語の音に慣れていくと良いと思います。

    ボキャブラリークイズ

    物語で出てくる単語や熟語を聞いて、その意味を理解できているかチェックするための学習です。
    語彙力が鍛えられます。

    ディクテーション

    ディクテーションとは、聞いた文章を文字に起こすことを指しますが、スタディサプリEnglishでは、スマホやPCを使ってタイプするのでかなり便利です。
    集中しないと聞き漏れするので、かなり効率的にリスニング力を鍛えられます。また、スペルチェックとしても活用できます。

    会話文チェック

    レッスンごとの会話内容をチェックできます。会話の英文と日本語訳が確認できたり、それぞれのダイアログの音声も聞くことができます。
    更にすごいのは、「解説」を押すと、文法についての解説や発音のコツなどを分かりやすく解説されていたり、講師による解説動画も視聴することができるので、理解力を深めることができます。

    注意
    内容理解クイズをする前に会話文チェックは見ないようにしましょう。答えが分かってしまうと練習の意味がなくなってしまいます。
    何度やっても理解できない最後の頼み綱として取っておきましょう。

    なりきりスピーキング

    これが他にはないスタディサプリEnglishの大きな魅力といえる機能です。
    スマホやPCのマイクに向かって話すと、話した音声が録音されて音声認識機能が発音をチェックしてくれます。

    音声認識機能はかなり高性能で、結構厳しめな判定をしてくれます。
    スピーキングの練習って1人ではなかなかできないのですが、この機能を使えば、いつでも英語を発声することができます。
    また、英会話をはじめたての頃は、他人に英語を聞かれるのが恥ずかしかったりするので、そういう方にとってもこの機能は重宝すると思います。

    インプットだけでなく、しっかりアウトプットできるレッスンが取り入れられているのもこのアプリの優れた点の一つといえます。

    オートリスニング

    オートリスニング機能は、レッスンに出てくる会話文を一括で聞き流しできる便利な機能です。
    バックグラウンド再生可能なのでアプリを閉じていても再生されます。
    通勤・通学の時間を利用して、英語を聞き流したいときに便利ですね。

    リスニングPLUS

    リスニングPLUSでは、デイリーレッスンの学習結果を分析し、その人の苦手な部分を診断してくれます。
    診断結果に基づき、聞き取れない原因に合わせた専用トレーニングを受けることができます。

    補足
    リスニングPLUSは有料会員のみ利用できる機能になります。

    クイックワードクイズ

    音声で流れる単語の意味を答えるクイズ形式のトレーニングです。
    レベルに合わせた単語が出題されるので、聞き取れない単語は何度も繰り返してリスニング力と語彙力を高めることができます。

    音声変化ディクテーション

    英語特有の音声変化を聞いて、書く(タイプする)トレーニングができます。

    こちらが音声変化ディクテーションで学習できます。

    連結つながる音の聞き取り
    脱落落ちる音の聞き取り
    同化変わる音の聞き取り
    短縮短くなる音の聞き取り
    弱形弱くなる音の聞き取り
    変形柔らかくなる音の聞き取り
    連結の例
    coming outの場合、comingのgとoutのouが連結し、「カミンガウト」と聞こえる音声変化です。
    脱落の例
    first nameの場合、firstの子音tとnameの子音nが続くことで、tの音が落ちて「ファースネーム」と聞こえる音声変化です。
    同化の例
    Close yourの場合、closeのseとyourが同化して、「クロージュア」と聞こえる音声変化です。
    短縮の例
    I amの場合、短縮されて「アイム」と聞こえる音声変化です。
    弱形の例
    Do you know the time?の場合、theは他より弱く発音されるため、弱く聞こえる音声変化です。
    変形の例
    littleの場合、ttは後ろにlがくると、「ル」の音に変化するため、「リルル」と聞こえる音声変化です。

    これらが日本人が英語が苦手とする原因の一つと言われています。
    日本語と違い、英語に必ず母音が最後にくるわけではないため、一語一語はっきり発音しません。
    そのため単語同士を繋げて発音したり、聞こえない音が出てきたりするわけです。

    音声変化ディクテーションでは、日本人の弱点に焦点を当てたトレーニングを行い、英語の音を聞き分けられる耳を鍛えることができます。

    スタディサプリEnglishを使った効果的な学習方法

    あくまで一例ですが、スタディサプリEnglishを使った効果的な学習方法をご紹介します。

    1.デイリーレッスンの会話文を聞く

    まずは、デイリーレッスンの音声会話を聞きます。速度は確実に聞き取れる方を選びます。
    聞き終わったあとにクイズが出題されますが、この出来不出来はあまり気にしなくてOKです。
    とにかく自分の耳を頼りに集中してダイアログをリスニングします。

    2.もう1度会話文を聞きながら発声してみる

    2回目のリスニングでは、音声が言ったことをそのまま口に出して言ってみます。
    会話文チェックなどで会話文を見てしまうと分かった気になってしまうので、あくまで耳を鍛えるつもりでしっかりと聞きこみながら、聞いた言葉を自分で発音していくことで、短時間でも理解力が高まります。

    3.ディクテーションしてみる

    1、2でだいぶ内容の理解ができたと思うので、ディクテーションで見落としがちな細かい部分をチェックしていきます。
    ここまでやると、会話文の内容がほぼ理解できてくると思います。

    4.なりきりスピーキングで話してみる

    字幕を日本語に切り替えて行います。英字幕だと見た英文を読むだけになってしまいトレーニングになりません。
    音声をよく聞いて、聞こえたフレーズを真似て話してみましょう。

    4.最後に答え合わせ

    なりきりスピーキング終了後に、会話の英文と日本語訳が出てくるのでこちらをチェックしてみて、弱い部分や覚えきれていない部分をメモして後から復習に役立てましょう。

    補足
    最初から良い結果が出なくても全然気にせずにとにかくインプットとアウトプットを繰り返しながら自分のものにする意識でアプリ学習に取り組んでみましょう。
    レッスン中で出てくる単語やフレーズは、日常的によく使われるものばかりなので、ここで覚えた内容はそのまま実際の英会話で活用できるので、継続しながら英語脳を養ってください!

    料金

    スタディサプリEnglishの料金体系は以下の通りです。

    料金プラン
    月々払い: 980円(税抜)/月額
    12ヶ月プラン: 817円(税抜)/年間9,800円

    スタディサプリEnglishのメリットでも言いましたが、この質と量でこの料金はかなり安い方だと思います。
    現在、リスニングとスピーキング両方の学習レッスンに特化したアプリって意外と他にないのでは?

    しっかり継続できれば確実にものになる、っていうのは何でも言えますが、個人的な感想を述べると、「継続できない人も継続しやすいアプリ」なのではないかと思っています。

    初回は7日間の無料体験期間があるので、どんな感じのサービスなのかを一度試してみましょう。
    3ヶ月~半年くらい継続することで効果が実感できるので、まずは3ヶ月毎日30分を目安に継続してみましょう!

    ▼スタディサプリEnglish公式サイト▼
    ワンダフルキャンペーン

    まとめ

    スタディサプリEnglishは、英語を話せるようになりたい人であれば初心者からでもおすすめできるアプリです。

    英会話スクールやオンライン英会話をやってみたいけど、話せるか不安…」、「他人に英語を聞かれるのに抵抗があるな…」なんて方には、ピッタリです。
    このアプリで1人学習して実践でリアルな人と英会話する前の良い準備用教材として使えます。

    また、既に英語を学習中で「読み」「書き」に加えて「聞く」と「話す」を強化したい中上級者にもおすすめしたいです。
    学習した文法や語彙をどのくらい聞けたり話せたりするのかを試せるので、バランス良く4技能を伸ばすことができます。

    英語はコミュニケーションツールのひとつです。読みも書きも大切ですが、話せてこその言語だと思っています。
    できるだけ実践で使うことを想定して日々の学習に取り組んでもらえたら成長するスピードも飛躍的に伸びるでしょう。

    使える英語を効果的に学ぶためのツールとしてぜひ一度試してみてください!

    英会話実践の場として英会話カフェスタイルレッスンをご活用ください!

    英会話教室Connectでは、学習した英会話を試せる場所として大人向けの英会話カフェスタイルレッスンを実施しています。
    学んだ英語を話してみたい方、これから英会話を習得しなくてはいけない社会人や小学校講師の方など、誰でも気軽にリーズナブルな料金で英会話を楽しく上達できます。

    スタディサプリEnglishで学習した英会話を当教室で実践してみましょう!

    SPONSORED LINK

    無料体験レッスン予約受付中!

    はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
    参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。 追ってメールにてご連絡いたします。

    Facebook、Twitterのフォローをお願いいたします!