【5月20日(土)】レッスンレポート Vol.2

こんにちは!講師の洋平です。
先週から始まったConnectの英会話レッスン。先週来てくれた小学校1年生の生徒さんからのリクエストにより、今回は、Ariana Grandeのヒット曲「Break free」を練習することになりました。
小学校低学年には難しすぎないかな?と心配しながら今回のレッスンに臨みましたが果たしてその結果は?

ということで、今回の模様をお伝えします。

SPONSORED LINK

今回のレッスン内容

前回は、主に英語で自己紹介の練習をやってみたり、ABCの歌やHead Shoulders Knees & Toesなどお子さんが知っている歌を中心に一緒に歌ってみました。

前回のレッスンレポートはコチラ(↓)

【5月13日(土)】レッスンレポート Vol.1

2017.05.15

今回は、自己紹介に加えて覚えておきたい日常的な挨拶の仕方を練習しました。

今日のフレーズ1
How are you doing?
「元気?調子どう?」
今日のフレーズ2
Good! How about you?
Good, you?
「元気だよ、あなたは?」

学校で習うのは、「I’m fine thank you, and you?」だと思いますが、この表現は意外と英語圏では使われていません。
I’m fine thank youは、例えばレストランなどで、「Would you like some more coffee?(コーヒーもう一杯いかがですか?」などと聞かれたときに、
No, I’m fine, thank you.(あ、大丈夫です、ありがとう)」などで使ったりします。

How are you?など調子を聞かれたときは、Good, how about you?とか、Good, you?などで返すのが一般的です。

ぜひ参考にしてみてください 🙂

また、今回は、挨拶で使う王道のフレーズも練習しました。

挨拶で使う英語
Good morning.
「おはよう」
Good afternoon.
「こんにちは」
Good evening.
「こんばんは」

友達同士であれば、朝、昼、晩問わずに、HelloHi、Heyなどを使ってもOKです。また、Goodを付けずに、Morningと略して使うこともできます。こちらの方がGood moriningよりもカジュアルな印象になります。

挨拶は、様々なシーンで使えるのでぜひ練習してみてください。

洋楽を歌ってみました

今回は、英会話フレーズのレッスンに次いで、生徒さんから要望のあったAriana Grandeの「Break free」を一緒に歌いました。
とても有名な曲で、メロディもキャッチーなのですが、個人的には小学校1年生に歌えるのかなと心配でしたが、蓋を開けてみると、僕のレクチャーがほとんど不要なくらい上手に歌ってくれました 🙂

日本人が洋楽を歌う上で苦手としている、つなげて発音するが、今回の生徒さんはほぼ完ぺきにできていました。
アリアナの曲を例に挙げると、Aメロの、If you want it, take it~のパートだと、イフユーウォニ、テイキッ~と発音します。
このつなげて発音するを意識しながら歌うことで英語の響きに聞こえてきますし、この感覚が、英会話を上達させるうえで重要になる、スムーズに聞こえる英語の練習に役立ってきますので、ぜひ音楽が好きなお子さんにはたくさん色々な曲を聴かせてあげてくださいね。

▼次回レッスン開催は6月になります▼

【お知らせ】6月レッスン開催日のご案内

2017.05.22
SPONSORED LINK

無料体験レッスン予約受付中!

はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。 追ってメールにてご連絡いたします。

Facebook、Twitterのフォローをお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です