先日東京に行く機会がありましたが、既に桜が満開ですっかり春の陽気でした。
那須の桜の開花はもう少し先になりますが、今回は日本独特の文化である「花見」を外国人に英語で説明するロールプレイングを行ってみたいと思います。
使えるフレーズや何を説明すれば良いのかを簡単にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

花見の背景を説明しよう

桜は英語で「cherry-blossom」になり、花見を直訳すると「cherry-blossom viewing」となります。
しかしながら、この直訳だと、そもそも「花見」という文化を知らない外国人にとっては「???」になってしまいます。

そのため、花見の背景や楽しみ方を英語で説明してあげるとより理解が深まり意味が伝わると思います。

花見とは

例)
Hanami is a Japanese traditional event of welcoming Spring.
Hana means "flower", and Mi means "viewing"
Many Japanese love to enjoy cherry blossom during Spring season.
Family, friends and coworkers get together under the cherry blossoms and enjoy food and drinks.

花見は春を迎える日本の伝統的な行事です。
Hanaは「花」、Miは「見る」ことを意味しています。
日本人の多くは春に桜を見ることを楽しみます。
家族や友達、同僚同士で集まり桜の下で食べ物やお酒を楽しみます。

その他伝えたいおすすめ情報

例)
Cherry blossoms bloom somewhere between late March and early April in Tokyo.
In Nasu, they bloom in the mid or late April.
The peak bloom really depends on the place and climate.

There are many kinds of cherry blossoms in Japan.

東京では3月下旬から4月上旬に桜の花が咲きます。
那須では、4月中旬から下旬にかけて咲きます。
満開時期は地域や気候によって異なります。

日本にはたくさんの種類の桜があります。

レッスンポイント

花見が何をする行事であり、どんなことをするのかといった基礎知識を明確に説明してあげることが大切です。
基本的な情報を説明した上で、開花の時期や桜の種類、花見あるあるなどを説明できるとより楽しみ方を共有できますね。

外国人にとっては馴染みのない文化である花見を上手に説明して、日本の美しさや楽しさを多くの方に共有できるようになりましょう!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事