Helloの後が続かない方必見!会話が弾む英会話フレーズ5選

外国人の友人や同僚と話すとき、”Hello. How’s it going?“と言えたけど、そこから会話が続かず気まずい沈黙が流れる…なんて経験をした方は結構いらっしゃるのでは?
決まったことを相手に伝えることはできても、こうしたさりげない会話ほど詰まってしまうものです。(これは英会話に限らず日本人同士の会話にも言えることですね)

日常英会話を上達させる上で、こうした挨拶の際の些細な会話は、相手との距離を縮めることができる非常に効果的なプラクティスになります。

そこで今回は、”Hello”の後の会話を弾ませるための英会話フレーズを5つご紹介したいと思います。

挨拶の中で、一言二言相手と会話を交えることで、相手とのコミュニケーションが成立し、「話せる自信」にも繋がっていくのでぜひ参考にしてください!

ネイティブっぽく英語で挨拶してみたい方はコチラ(↓)も読んでみてください 🙂

ネイティブがよく使う!日常生活で使える基本英会話フレーズ5選 ~挨拶編~

2017.08.08
SPONSORED LINK

会話が弾む英会話フレーズ

1. What are you up to?「何してるの?」

「何してるの?/何しようとしてるの?」という意味で、挨拶の際に聞いたりすることが多いフレーズです。意味合いとしては「What are you doing?」とほぼ同じです。
とりあえず挨拶の後の二言目にこれを聞いておけば間が持つ便利なフレーズです。

What are you up to?と相手に聞かれた時の返し方

例)
I’m heading home.
「家に帰るところだよ。」
I’m going to see my friend.
「友だちに会いに行くんだよ。」
Not much.
「特に何もないよ。」

2. Did you know~?「~について知ってる?」

最近起こったニュースや身の回りで起きたことなどについて尋ねるのも、会話を円滑に進める上で非常に効果的です。
他に「Have you heard about~?」も「~について知ってる?」という意味で日常的にネイティブが使う定番フレーズとして挙げられます。

Did you know~?の使い方

例)
Did you know that Lady Gaga will be in town for the show this weekend?
「レディガガが今週末コンサートでこの街に来るって知ってる?」
Have you heard about 〇〇 is getting married?
「〇〇が結婚するって知ってた?」

注意点としては、相手が全く興味ないネタだったりすると、「No, I don’t.」や「No, I haven’t.」で会話が終了してしまう可能性もあります。
知人や同僚の趣味嗜好を把握している場合や、お互いの共通項に関する話題がある場合に活用したいフレーズです。

3. Busy lately?「最近忙しい?」

こちらは「Have you been busy lately?」の略で、「仕事忙しくしてる?/頑張ってる?」とさりげなく聞けて、そこから会話が発展させることができる便利なフレーズです。

Busy lately?と相手に聞かれた時の返し方

例)
As always.
「相変わらずだよ。」
Not really, you?
「そうでもないよ、あなたは?」

一概にこれといったフレーズはありませんが、自分の置かれた状況を相手に伝えることで自然と会話が弾むはずなのでぜひ使ってみてください。

4. Anything interesting?「最近何かあった?」

他に「Anything new?」も同じような意味で使えるフレーズで、近況を訪ねる時に使える場繋ぎフレーズです。

Anything interesting?と相手に聞かれた時の返し方

例文)
Nothing special lately. I’ve been very busy for the last few days.
I can’t wait for the weekend. How about you?
「特に何もないよ。最近すごく忙しかったから週末が待ち遠しいよ。あなたは?」

相手に「Anything interesting?」と聞くと、「You?」と聞き返される場合が多いので、近況を伝える準備もしておく必要がありますね。
毎回「Not much.」や「Nothing special.」と返すだけだと会話が弾まなくなってしまうので、下手でも良いので、できるだけ「何か」を伝えられるようにしておくと会話が発展し相手との距離を縮めることができます。

5. Do you have any plans for this weekend?「今度の週末何か予定ある?」

こちらも会話の冒頭でよく話すフレーズです。欧米では週末の休みや休暇を楽しみにしている方が非常に多く、僕がアメリカで大学生だった頃も、木曜日くらいになるとこの話題がよく持ち上がりました。会話が盛り上がる上に、場合によっては相手が週末予定しているパーティなどに誘ってもらえる場合もありますので、会話に詰まりそうになったらぜひこのフレーズを出してみると良いです。

Do you have any plans for this weekend?と相手に聞かれた時の返し方

例文)
I’m going for shopping with my friends.
「友だちと買い物に行きます。」
I’m going to my friend’s birthday party.
「友だちのバースデーパーティーに行くんだ。」

週末の予定を聞かれた場合は、「I’m going to~(~へ行きます)」が有効活用できます。
「家で過ごすよ」と答えたい場合は、「I’ll stay home and play video games and watch TV all day.(終日家でゲームやったりTV見たりする予定だよ)」といった感じで回答します。
相手がこう答えてきた場合は、「What kind of games do you like playing?(どんなゲームするの?)」など質問することで会話を展開させることができます。

仮に相手が、「I don’t have any plans for the weekend(今週は何も予定ないよ)」と答えたら、「Do you want to go for a drink?(飲みに行かない?)」や「Let’s hang out!(遊ぼうよ!)」などで誘ってみるのも良いですね。
または、相手との関係性が比較的親密な場合は、「Oh, come on! It’s the weekend! Let’s have some fun!(週末だよ!楽しまなきゃ!)」と言ってあげたりするのもアリですね。

状況に応じて様々な展開に広がるフレーズなので、ぜひ活用してください。

まとめ

いかがでしたか?英会話に限らず些細な会話ほど咄嗟に出てこなくて四苦八苦してしまうことがあります。
無理に会話を広げる必要はありませんが、そんな些細なことを一言二言交わすだけでも相手との意思疎通が図れコミュニーケーションが成立します。

使っている単語や文法は中学や高校で習ったものばかりなので、それらをフレーズとしていくつも積み重ねていくことで、一言二言が三言四言…と展開していくことができます。
難しい単語を使ったり、長文で何かを伝えようと思わず、さりげなく使えるフレーズを増やしていくことが英会話上達の近道です。

そして、覚えたフレーズはどんどん実践で使ってみることで自分のものになっていくので、話せる場所や機会をなるべく多く持つことが大切です。

一つずつ覚えながら楽しく弾む英会話を学んでいきましょう!

英語で日常会話をスムーズに話す!初対面で使える英会話フレーズ5選

2017.09.11

ネイティブがよく使う!日常生活で使える基本英会話フレーズ5選 ~挨拶編~

2017.08.08

覚えたフレーズを実際に使ってみませんか?

英会話教室Connectでは、大人向けの英会話カフェスタイルのレッスンを行っております。
英語を話してみたい方、これから英会話を習得しなくてはいけない社会人や小学校講師の方など、誰でも気軽にリーズナブルな料金で英会話を楽しくマスターできます。

興味のある方はぜひお問い合わせください 🙂

SPONSORED LINK

無料体験レッスン予約受付中!

はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。 追ってメールにてご連絡いたします。

Facebook、Twitterのフォローをお願いいたします!