【英語1日1フレーズ Vol.32】「~する可能性が高い」を英語で言うと?

本日のフレーズはこちら。

「~する可能性が高い」を英語で言うと?

スポンサーリンク

more likely

可能性を示す表現として、使えるフレーズです。
Likelyは「~しそう」といった確率を含んでいるので、「more likely~」だと6割、7割くらい、「most likely~」だと9割以上の確率を示すことができます。
カジュアルなシーン以外でもビジネスの場でも使える便利なフレーズです。

こんな感じで使ってみよう

A
What do you think about the game for tonight?
今夜の試合についてどう思う?
B
Well, team A will more likely to win.
Aチームの方がおそらく勝てる可能性が高そうだね。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事