本日のフレーズはこちら。

「~みたいなもの(こと)」を英語で言うと?

スポンサーリンク

Something like that

会話の中でよく使われる表現方法で、~みたいなもの(こと)、そんな感じ、そんなところ、と曖昧な感じにしたいときに使います。
他にも、「Stuff like that」も同じ意味でよく使われます。

こういった曖昧さを出すテクニックも身につけておいた方が、より自然な会話になる場合もあるので、身につけておいて損はないです。
ただし、こういった「Like(~のような)」の表現は、多様し過ぎると、結局何が言いたいのか伝わらなくなってしまうケースもあるので、適度に使うようにしましょう。

こんな感じで使ってみよう

A
What do you like to do on the weekends?
週末何するのが好き?
B
I usually watch TV, playing the guitar or something like that.
大抵テレビ観たり、ギター弾いたり、そんなところだよ。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事