本日のフレーズはこちら。

「もちろん、どうぞご自由に」を英語で言うと?

スポンサーリンク

Be my guest

相手に何かを使っていいですか?や、これちょっともらってもいい?と聞かれた時に、使えるちょっと小粋な表現です。「私のゲストになって」と直訳はせず、「もちろん」、「どうぞ」、「ご自由に」といったYESのニュアンスを持つフレーズになります。
ネイティブがよく使う表現で、使えるとカッコいいです。
もちろん、「Sure.」、「Of course.」、「Go ahead.」などもよく使われる表現なので、色々なパターンを覚えておくと返答のバリエーションが豊富になり会話が楽しくなります。

こんな感じで使ってみよう

A
May I use the restroom?
お手洗い借りても良いですか?
B
Be my guest.
どうぞ、ご自由に。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事