本日のフレーズはこちら。

「ご無沙汰しております」を英語で言うと?

スポンサーリンク

It's been a long time

ビジネスシーンや目上の人に対して「久しぶり」という時は、「Long time no see.」よりも「It's been a long time.」の方が丁寧な印象を与えます。
Long time no seeは、元々中国人が使い始めたフレーズらしく、正しい表現ではないのですが、友達同士などではこのフレーズがよく使われたりもします。

こんな感じで使ってみよう

A
It's been a long time. How's everything going?
ご無沙汰してます。いかがお過ごしですか?
B
Everything is going great.
順調だよ。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事