【英語1日1フレーズ Vol.77】「よろしくお願いします」を英語で言うと?

本日のフレーズはこちら。

「よろしくお願いします」を英語で言うと?

スポンサーリンク

Best regards,

ビジネスメールの結び言葉として、よく使われるフレーズです。
厳密にはよろしくお願いしますではないのですが、日本語の解釈ですとBest regardsが一番しっくりくる表現になります。
この他、「Regards,」とシンプルに伝えることもできます。
また、Best regardsの後には、カンマ「,」をつけて、名前を添えるのが基本です。

会話においては日本では様々なシーンで「よろしくお願いします」が使われますが、これにぴったり当てはまる英語表現はないので、
シチュエーション別によって使うフレーズが変わってきます。

「またよろしくね」という場合だったら、「Let’s get together again」と言えますし、会議や打ち合わせの時の「よろしくお願いします」であれば、「Thank you for coming」などと言うことができます。

ケースバイケースで使い分けるようにしましょう。

こんな感じで使ってみよう

A
(メール文の結び言葉として文末に)Best regards,+名前
よろしくお願いします。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事