【英語1日1フレーズ Vol.93】「たくさんの」を英語で言うと?

本日のフレーズはこちら。

「たくさんの」を英語で言うと?

スポンサーリンク

A bunch of

a lot ofと同じ意味になりますが、A bunch ofの方がカジュアルなシーンで使われることが多いイメージです。
「たくさんの~」を表すフレーズは「A ton of」、「Plenty of」などいくつかあり、微妙にニュアンスは異なるもののほぼ「たくさんの~」という意味で使えるので、ぜひ色々試してみましょう。

こんな感じで使ってみよう

A
We still have a bunch of time. What should we do now?
まだ時間結構あるから何しようか?
B
Let's go see a movie then.
そしたら映画でも観に行こうよ。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事