【英語1日1フレーズ Vol.103】「〜だけ、~ばかり、~しかない」を英語で言うと?

本日のフレーズはこちら。

「〜だけ、~ばかり、~しかない」を英語で言うと?

スポンサーリンク

Nothing but

Onlyと近い意味ですが、Nothing butの方がより限定されるニュアンスになります。
使い方としては、~nothing but~のようになり、I do nothing but work./私は仕事ばかりしている。という意味になります。
Nothing butの後に強調したいことを入れることで、「~だけ~だ。」、「~ばかりしている。」、「~しかない。」のような限定的な表現ができます。

色々な使い方ができるので、ぜひ使ってみましょう。

こんな感じで使ってみよう

A
I see nothing but you.
あなただけを見ている。

Have a good one!

スポンサーリンク
英語は誰でも上手くなる!

「英語学習を続けているけど話せるようにならない」という日本人は多いです。
話せる人と話せない人の違いは何でしょう?
才能?センス?頭の良さ?
いいえ、英語習得にこれら要素は不要です。
ズバリ「話そうとする力」があるかないかの違いです。
いくら英語の学習をしていても話さなければ会話は上達しません。
英語は正しいプロセスを踏めば誰でも話せるようになります。
Connectでは、海外経験8年のバイリンガル講師が皆さまのスピーキング力を着実に伸ばすカフェレッスンをお届けしています
あなたの英会話力を最大限に引き出すためのお手伝いをさせていただきます。
初回参加費無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事