ONE OK ROCK(ワンオクロック)Takaの流暢な英語から学べる「伝わる英語力」習得術を英会話講師が解説!

映画『We Are X』で分かるX Japan Yoshikiさんの英語力と英会話上達に必要なことに続き、芸能人の英語力について英会話講師が解説していきます。
今回は、ONE OK ROCK(ワンオクロック)のTakaの英語力と彼から学べる英語の習得術についてご紹介したいと思います。

ONE OK ROCK(ワンオクロック)とは?

もはや説明不要でしょうけど、ご存知ない方のために簡単にご紹介します。
ONE OK ROCKは、通称ワンオクと呼ばれる日本のロックバンドです。

このバンド名をはじめて聞いたとき、「ワンオッケーロック?」とおじさん丸出しでそのまま読んでしまいましたが、OK ROCKをオクロックと読ませるのはインパクトあってカッコいいですね。
ただ、本来はo’clock(RではなくL)なので、海外ではワンオッケーロックと紹介されています。

そんなワンオクですが、はじめて曲を聴いた時はおそらく皆さんと同じ反応ですが、「これ海外のバンド?」って思ってしまうほど英語の発音がナチュラルできれいです。
こんなにネイティブのようにロックを歌える日本のロックバンドは正直なかなか居ないのでは?

そして、何より曲が素晴らしくカッコいいです。
ちなみに僕のお気に入りはこちらの「We Are」という曲。全編英語ですが、映像を見ない限り日本人が歌ってるとは思えないくらい英語がきれいです。

正直僕自身は、まだまだワンオク初心者なので、もし他にオススメの曲があれば教えてもらいたいです 🙂

海外でも通用する楽曲と英語力、パフォーマンス力を武器に、日本のみならず世界中で人気を誇るモンスターバンドとして活躍しています。

ワンオクTakaさんの英語力について勝手に分析

そして今回スポットを当てたいのは、このワンオクのボーカルTakaさんになります。
森進一さんと森昌子さんの息子さんというのも当時話題になりましたね。

Takaさんの英語力は、ワンオクの楽曲中だけでなく海外メディアでのインタビューなどでもその素晴らしさをご覧いただくことができます。

一体どのような方法でここまでの英語力を身につけたのかは、知り合いではないので具体的には分かりませんが(笑)、歌い方や、インタビューの受け答えなどを見聞きした中で、僕なりに感じた点を述べていこうと思います。

リスニング力と発音について

英会話に必要不可欠なリスニング力ですが、Takaさんのインタビュー動画を見る限り、相手の質問を正確に聞き取れていることが分かります。

また、発音もかなりきれいで、英語特有の音声変化もしっかりできている印象です。

これは楽曲にもいえることですが、いわゆる日本人っぽい英語の発音や、フレーズの使い方が、ワンオクには感じられません

英語圏の人が聞いても違和感ないレベルの発音と音声変化で英語を発声できているのは、日本人のバンドとしてはかなり珍しいと思います。

音声変化とは
単語やフレーズによって読み方が変化することを言います。
これを理解するだけでリスニング力は飛躍的に伸びます。
日本語でも「全員をぜいいん」、「象をぞお」など書いたとおりに読まない単語がありますよね?
英語でも同じように「And Iをアンダイ」、「Got to goをガラゴー」のように言いやすく変化するものが多数存在ます。
音声変化についてはこちらの記事でも少し触れているので参考にしてください。

日本語もそうですが、自分がきちんと発音できる単語は、ほぼ確実に聞き取ることができます。
それには、ディクテーション(読み上げられた英文を何も見ずに書きとるトレーニング)やシャドーイング(音声で流れる英文を真似しながら読み上げるトレーニング)などを繰り返しながら英語特有の音声変化に慣れていく必要があります。

Takaさんの場合、ご両親が音楽家という点で耳の良さは親譲りなのかもしれませんが、幼少期から色々な音楽に触れてきた環境もプラスに働いているのかもしれません。
また、学生時代に帰国子女が多く集まり英語が飛び交う環境にいたことも英語耳を養うには有利な環境といえます。

しかし、英語圏で生まれ育ったわけではないため、こうした環境だけで手に入れたスキルとは考えにくいです。

あくまで推測ですが、やはりロックバンドとして世界で活躍したいと考えた場合、マーケットは英語圏になってくるため、英語力は必要不可欠と考えるのが普通です。

Takaさんは、グローバルに活躍するロックバンドになりたいという夢を達成するために必要な要素を貪欲に取り入れていった結果なのかなと思います。

以前ご紹介した映画『We Are X』で分かるX Japan Yoshikiさんの英語力と英会話上達に必要なことでも述べましたが、高い目的意識が「実践的な英語」の習得スピードを速めているのだと思います。

簡単な単語を使いまわすシンプル英語

Takaさんのインタビュー動画を観ていると、非常に簡単な単語やフレーズを使いまわして会話を成り立たせていることが分かります。

Have、Work、Doなどの中学で習う動詞を見事に使い分けて会話しているのが良い意味で日本人っぽくない印象でした。

これは楽曲にも通じるところで、ワンオクの歌詞は分かりやすい・言いやすい単語やフレーズで構成されている部分が多いです。
ビートルズやオアシスなどが代表的ですが、彼らのヒットソングの多くは、我々日本人でも歌いやすい単語やフレーズが使われています。

韻の踏み方や、フレージングが絶妙なので、歌詞の意味が分からなくても、なんとなく「Let it be(レリビー)~♪」のように歌えてしまうわけですね。
ワンオクの手掛ける楽曲も口ずさみやすい歌詞とメロディがヒットの要因の一つなのかもしれませんね。

Takaさんにとって英語は母国語ではないので、まだ細かいニュアンスを英語で伝えられないという葛藤もあるのでしょうけど、
伝えられないから通訳に任せる」、「愛想笑いでごまかす」ことをせずに、しっかりと伝えられる範囲で自分の言葉で話しているのは非常に素晴らしいことですね。

もちろん、完璧を求めたら「もっと正確に、細かく」となってしまいますが、完璧に仕上がるのを待っていたらいつまで経っても英語は話せるようにはなりません。

英会話がなかなか上達しないと感じている方は、Takaさんのように自分が分かる単語や表現を使いまわして「伝わる英語」を話してみるところから実践してみましょう。

母国語じゃない言語を話すのだから、間違っても別にいいじゃん、大体伝われば文句ないでしょ?くらいの図々しい姿勢を持って日本人はちょうど良いくらいだと思っています。

最後に

今回は、ONE OK ROCK(ワンオクロック)のボーカルTakaさんの英語力について僕なりの解釈で、その凄さと、彼から学べる点についてご紹介してきました。

親譲りのセンスなども多少は影響しているかもしれませんが、Takaさん自身は海外留学経験もなく、英会話習得に向けてのスタート地点はその他大勢とさほど変わりはありません。

先述のとおり、本人の目的意識の高さと、自分が言える範囲で最大限のアウトプットをする姿勢などが、英会話レベルを格段に早めていることは確かだと思います。

このことから分かるように、目的が明確であれば、やる気次第で誰でも英会話は習得できます

センスや才能が関係してくるのは、もっともっと上級レベルになってきたときの話であって、初めのうちは、センスや才能は一切関係なくやり方さえ大きく間違っていなければ誰でもある程度の英語力は身につけることができるのです。

この、ある程度のレベルまで達することができると、突然ブレイクスルーが起こることがあり、学ぶスピードがぐんぐん上昇したり、英語がより身近に感じて楽しくなってくる方が多いです。

英会話教室Connectでは、まさにこの「ある程度のレベルまで達する」のお手伝いをしています。
英会話初級者からの脱却を目指す方が、より楽しく効果的にブレイクスルーを起こせるようなレッスンを行っています。

また、実践的なレッスンの他にも、より英語っぽく話せるコツや1人でもできる英語学習法などのレクチャーも行っていますので、ぜひ興味のある方はお問い合わせください。

Takaさんの英語力から学べるもの盗めるものはたくさんあるので、この記事がみなさんの英語学習のお役に立てばと幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

英会話実践の場として英会話カフェレッスンをご活用ください!

英会話教室Connectでは、学習した英会話を試せる場所として大人向けの英会話カフェレッスンを実施しています。
学んだ英語を話してみたい方、これから英会話を習得しなくてはいけない社会人や小学校講師の方など、誰でも気軽にリーズナブルな料金で英会話を楽しく上達できます。

英会話カフェコース内容

無料体験レッスンのご予約はこちらから

はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。
追ってメールにてご連絡いたします。

無料体験レッスンに申し込む

関連記事

  1. 初心者必見!英会話が上達しない人に共通する原因と今からでもできる簡単な…

  2. 英会話講師がオンライン英会話をやってみた結果、分かったメリット・デメリ…

  3. 映画『We Are X』で分かるX Japan Yoshikiさんの英…

  4. 英語を「知ってる」から「使える」に!使える英語をマスターするために必要…

  5. 【海外在住者インタビュー】アメリカ在住10年の日本人ママに聞いた、生き…

  6. 英会話講師が徹底解説!英語学習アプリ「スタディサプリEnglish」の…