英語を「知ってる」から「使える」に!使える英語をマスターするために必要なこと

SPONSORED LINK

日本は、英語を学ぶのに快適な環境が整っていると思います。学校、英会話教室、教材、テレビ、ラジオ、ウェブ/アプリサービスなどなど。話すための語彙力や文法知識は申し分ないのに、話せないと感じる方がかなり多いのも日本人の特徴と言えます。
今回は、「知ってる英語」を「使える英語」に適用するためにやるべきことをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

英会話が上達しない人の原因

英会話を学ぶ方にとって、言いたいことを英語で言えるようになるのは大きな課題のひとつです。旅行先ではもちろんのこと、東京オリンピックに向けて外国人観光客が増えてきた国内で、外国人をおもてなす為に英語を上達させたいと願う方は増えてきています。

しかしながら、「勉強しているけどなかなか話せるようにならない...」、「年齢的に今から英話を習得するのは難しいのでは?」とお悩みの方も同じように増えています。

初心者必見!英会話が上達しない人に共通する原因と今からでもできる簡単な学習方法でも述べたとおり、知識を詰め込んだり、最初から難易度の高い流暢さを目指し過ぎると、モチベーションの維持が難しくなり、挫折しやすくなります。

勉強はしているけど、英会話学習で成長を感じられていない方の多くに、「無意識に流暢な日本語表現をそのまま英語に置き換えようとしている」点が挙げられます。
大人に多く見られる傾向ですが、どうしても日本語で考えると知識や語彙力が十分に備わっているため、一つのことを説明するのにもついつい詳細や言い回しに拘り過ぎて、結果的に言いたいことが言えなくなっているパターンです。

そのため、「英語フレーズ集」や「~は英語でこう言う」のような表現方法中心の勉強をしていることが多いです。

もちろん、語彙を増やすことや、英語と日本語の意味を両方覚えることは英語学習において大切なことです。英文記事を読んだり、相手の言っていることを理解する上で一定数の語彙力や表現方法は知っておく必要があります。

しかし、英語で会話をするにおいては、意外と基礎的な単語や表現方法で成り立っていることが非常に多いです。

例えば、緊急時に電光掲示板などにこういう案内があったとします。

書き英語 例
Please evacuate from this area immediately./今すぐここから避難してください。

読んだり書いたりする上では、「避難」をevacuateと表現する方が適切かもしれません。

しかし、話し英語の場合だと、必ずしもevacuateを使う必要はなく、

話し英語 例
Please get out of this area right now./今すぐここから出て(避難)ください。

このように中学で習った単語だけで構成することができます。

たくさんの語彙やイディオムなどのフレーズを日本語とセットで暗記しながら覚えていくことは決して無駄ではありませんが、英語で話すことにフォーカスするなら、気の利いたフレーズを考えながらひねり出すよりも誰もが知ってる基本動詞や簡易的な言葉を使って、I want to go~.や、It was fun.などを確実に口から発声していく方が確実に上達は早いです。

つまり
英語で言いたいことが言えるようになるまでは、気の利いたフレーズ、上手い言い回しを英語で言おうとし過ぎずに、まずは基本的なことを確実に言えるように意識してみましょう。

基礎的な中学英語を理解し、実践で使える英会話を短期間で身につけたい方はこちら

短期集中コース内容

英語を「知ってる」から「使える」にしていくためにやるべきこと

上記のとおり、英会話を上達させたい場合、いかに知っている知識を実際に会話に適用していけるかが重要になってきます。

具体的な方法を一つずつ解説します。

自身の英語レベルを把握し、妥協点を見つける

残念ながら語彙の多さ、豊富な文法知識が、そのまま英会話力に直結はしません。
TOEICで高得点が取れても英語がいまいち話せない人という方が多いのはよく聞く話だと思います。

英語堪能になるために高度な表現方法を貪欲に学習しがちですが、高度な単語や表現フレーズを使うには相応の英会話力が必要不可欠です。
経験値が足りないとなかなか気の利いた言い回しは出来ないので、会話として成立しにくいのが現実かと思います。

言いたいことが話せないとストレスになり、モチベーションの低下に繋がります。

これを回避するには、自身のレベルを把握し、何が言えて、何が言えないのかを見極めることも大切です。

例えば、How was your weekend?と聞かれた際、日本語だったら事細かに説明できるはずですが、慣れない英語だとどうしても制限が出てきます。
ここで全てを言おうと考え過ぎてしまいフリーズしてしまうのは、もったいないので、自分の中で妥協点を見つけます。

本当は、「ちょうど連休だったので、しばらく会ってなかった友人に会いに東京まで行ってきました。」と言いたいけど、全てのニュアンスを英語で言うのは難しそうなので、
細かい部分は諦めて、伝えられるところだけ伝えてみます。

「良かったよ。週末は友達に会いに東京に行きました。」くらいは言えそうなので
「It was good. I went to Tokyo to see my friend.」でOKとします。

上記が難しい場合でも、まだ会話を成立させるためにできることはあります。

「良かったよ。」だけでもOKです。なので、「It was good.」で、相手との会話のキャッチボールは出来たことになります。

It was goodなんて面白くもなんともない返しだなと思われそうですが、ここが大切です。

It was goodは知ってるけど、ちゃんと使えていますか?

簡単なことをないがしろにして、複雑な表現ばかりに目がいってしまうとなかなか英会話は上達しません。

簡単なことを確実に言えるようになると、ニュアンスの部分など今まで考える余裕がなかったところにも気を配れるようになります。

千里の道も一歩からという諺にあるとおり、できるところから確実にこなしていくことが英会話上達のコツになります。

自身のレベルに合わせた合格点を設定して、着実にステップアップしていきましょう。

英語を話す機会を増やす

英語を知っているだけから使えるようにしていくには、当然使っていかないといけません。

日本人が英語を話せないと感じている理由は、つまるところ、英語を話していないからです。

学生時代から相当数の語彙を暗記し、英文法を理解してきているので、多くの方は英語の知識が一定数あると考えられます。
にも関わらず苦手意識が強いのは、この知識を会話に活かせる環境がなかったからだと思います。

英語に高尚なイメージがつき、英語に対する敷居は高くなり、自分の母国語でもないのに、やたらと完璧を求められる風潮が出来てしまいました。
ネイティブのように流暢でないと話せるとは言ってはいけない」、「文法間違ったらアウト」、「難しい単語をスラスラ使いこなせないダメ」のような高い敷居がある以上、なかなか気軽に英語が話せますなんて言えませんよね。

もちろん、そこを目指すことが悪いことでは決してありません。理想を高く持ち努力し続けていれば、限りなくネイティブに近づくことはできます。

しかし、それってそんなに重要でしょうか?

その考えですと、レベル100に達さないとグローバルの土俵に上がれないことになります。

楽天の三木谷さんやソフトバンクの孫正義さんなどは、英語堪能ですが決してネイティブのように抜群にナチュラルな英語が話せるわけではありません。
それでも伝えたいことをしっかり伝えてコミュニケーションが取れています。

それで良いんだと思います。
英語はただのコミュニケーションツールです。

今の自分に話せる英語を話すことが使える英語を習得する近道です
英語を全く話せないという方でも、どうにかこうにか知恵を振り絞れば実際に話せたりするものです。

イッテQの出川イングリッシュが代表的な例ですね。

現に、英語ネイティブが我々日本人に、ネイティブ同様の英語クオリティを求めているかというと全くそんなことはありません。
間違った発音や文法で話したところで、笑われたりすることはありません。むしろ、外国で英語を率先して話せる方は好意的に見られます。

世界的にみれば、ノンネイティブで英語を話している人口の方が多いので、英語はアメリカやイギリスだけが正解とは言い切れないのが現実です。

完璧じゃないから話せないと遠慮するよりも、とりあえず知っていることを精一杯アウトプットしてみる姿勢も英会話上達には欠かせない要素になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、英語を「知ってる」から「使える」にブラッシュアップするために必要なことを解説してみました。
英語学習方法は、本当に色々なアプローチがあり、あり過ぎて迷ってしまい挫折する方も多いので、ぜひこの記事を参考に英会話上達のきっかけになってもらえれば幸いです。

短期集中して英語脳や英語への理解度を高めたい方にオススメのコースがこちら!

英会話の多くは中学英語で成り立っているのをご存知でしょうか?中学3年間で学んだ英語をしっかり英会話に適用すれば一気に英語初心者を抜け出せます。
英語は苦手、だけど覚えたいという初心者向けの会話に特化したコースです。

短期集中コース内容

英会話実践の場として英会話カフェレッスンをご活用ください!

英会話教室Connectでは、学習した英会話を試せる場所として大人向けの英会話カフェレッスンを実施しています。
学んだ英語を話してみたい方、これから英会話を習得しなくてはいけない社会人や小学校講師の方など、誰でも気軽にリーズナブルな料金で英会話を楽しく上達できます。

英会話カフェコース内容

無料体験レッスンのご予約はこちらから

はじめての方につきましては、初回のみ無料体験レッスンを実施させていただきます。
参加をご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。
追ってメールにてご連絡いたします。

無料体験レッスンに申し込む

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 映画『We Are X』で分かるX Japan Yoshikiさんの英…

  2. 英会話講師が徹底解説!英語学習アプリ「スタディサプリEnglish」の…

  3. ONE OK ROCK(ワンオクロック)Takaの流暢な英語から学べる…

  4. 【海外在住者インタビュー】アメリカ在住10年の日本人ママに聞いた、生き…

  5. 初心者必見!英会話が上達しない人に共通する原因と今からでもできる簡単な…

  6. 英会話講師がオンライン英会話をやってみた結果、分かったメリット・デメリ…